大原麗子の自宅売却額は驚愕の値段だった!?彼女が患った病気の正体とは??

   

大原麗子の自宅の売却額が驚きの金額になってしまったようだったので一体いくらだったのか調べてきました!!

さらに彼女が患った珍しい病気についても調べてきたので一緒にご覧ください!

スポンサーリンク

☆プロフィール☆

生年月日 1946年11月13日
出生地 東京都文京区
国籍 日本
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・演劇
活動期間 1964年 - 2009年
配偶者 渡瀬恒彦(1973年 - 1978年)
森進一(1980年 - 1984年)

☆大原麗子の驚くべき自宅売却額が判明しました!!☆

しっとりとした日本人美人として有名だった女優の大原麗子、、、

歌手の森進一と結婚したことでも有名だった人物ですよね!まあ、離婚してしまいましたがw

そんな彼女でしたが2009年にこの世を去ってからと言うもの、彼女が暮らしていた大豪邸はどうなったのか気になる人達は多いようですので今回は大原麗子の自宅について現在はどうなっているのか調べて行ってみましょう!

大原麗子が住んでいた自宅の住所はどこなのか??

まず初めに彼女が住んでいた住所ですが、物凄い豪邸に住んでいたそうで。

その住所は、

世田谷区成城岡本

だとか!!

世田谷区と聞くと所ジョージの世田谷ベースが思い浮かぶ場所ですね。

やはりその辺りは芸能人の人たちにも人気がある場所なのかもしれないですね。

彼女がこの豪邸を立てたのは1986年であり森進一と離婚した二年後だったそうです。当時の末端価格はなんと5億7000万円と言われており、物凄い家を立てたことになりますねw

1億円でも凄いのに当時の金額にして5億7000万円、、、一体どれだけの財産を持っていたのでしょうかね。

さらに世田谷の自宅は都内というにも関わらず緑に囲まれていてとても環境が良い場所だったそうです!

しかしそんな自宅も現在では不動産関係者に買い取られたらしく、その金額は購入時よりも大幅に減少して2億5千万だったとか、、、

一見2億5千万と見ると大金のように見えるのですが、これは土地代も含まれており、

およそ150坪あったという自宅の土地を世田谷の一坪単価で計算すると、一坪およそ60万円らしいのでおよそ1億円、自宅の金額はおよそ1億5千万にしかならなかったそうです。

やはり自宅はドンドン金額が下がってしまうものなのですね!

スポンサーリンク

☆大原麗子は一体どんな病気にかかってしまっていたのか??☆

2009年に自宅で倒れているところを発見された大原麗子、そんな彼女を襲った病気とは一体何だったのでしょうか??

ギランバレー症候群とは一体

彼女はギランバレー症候群というあまり聞かない病気にかかってしまいました。

この病気は難病と言われており、発症すると筋肉を動かすための運動神経が上手く動かなくなってしまい、両手両足に力が入らなくなってしまうようになってしまうそうです。

また重症化してしまうと呼吸もできなくなってしまう可能性がある非常に恐ろしい病気だとか。

過去に左胸が癌になってしまいがんの手術をしたことや、1999年には整形手術をしたもののそこからバイキンが入ってしまい顔が腫れ上がってしまいます。

その直後にギランバレー症候群と診断されたらしくずっと何かしらの病気を背負っていた大原麗子、、、なんとも切ない話ですね!

 - 未分類